【大阪府】休業要請に応じた企業への協力金支給開始はいつ?申請窓口はどこ?【吉村知事】

大阪府の吉村洋文知事は4月21日に記者会見をおこない、緊急事態宣言に伴う休業要請に応じた企業への協力金の支給開始時期や窓口、支給方法について述べていました。



【大阪府】休業要請に応じた企業への協力金の要件など

大阪府は休業要請に応じた中小・零細企業に対して、一律100万円の協力金(個人事業主には50万円)を支払う方向で調整しています。

吉村洋文知事は4月21日の記者会見で、休業要請に応じてくれた企業への協力金支給の要件や窓口、支払い方法などについて述べていました。主な内容は以下の通り。

  • 協力金給付の対象は、休業要請に応じ、売り上げが(前年度同月と比較し)50%以上減少している企業
  • 自己申告が必要
  • 協力金の支給を申請した企業は公表

50%減を基準とした根拠としては、休業要請が4月14日からであり、4月の売り上げは半分以上減少しているだろうと判断できるからということです。

売り上げの減少は提出された帳簿などから判断し、虚偽申請かどうかを確認する時間的余裕はないが、後に虚偽などが発覚した場合は、厳しく対処していくとのこと。

諸々の詳細は4月22日以降に改めて発表していくということです。

協力金の申請窓口はどこ?支払い方法は?

協力金の申請窓口としては、大阪産業局に大阪府の職員を派遣して対応していくとのこと。

支払い方法については、郵送またはネットで対応していくことを検討しているそうです。

協力金の支給開始はいつごろを予定している?

スピード感を重視するため、4月末から受付を開始し、5月中には支給できるようにしたいと述べていました。