沖縄おでんの具材は豚足(テビチ)など。専門店も多数あり【ご当地おでん】

おでんは日本全国で食べられている代表的な郷土料理で、地域によって具材や出汁が異なります。

温暖な気候の沖縄でもおでんは人気料理のようで、豚足(テビチ)など沖縄らしい具材を使っているのが特徴です。

 

(ちなみに、情報バラエティ番組「マツコの知らない世界」(TBS系列)では、ご当地おでんが特集されたこともあります。紹介された商品を番組HPやインスタで確認してみるのもおすすめです)

沖縄おでんのメイン具材は豚足(テビチ)?

沖縄おでんの特徴は、スープだしや具材に豚足(テビチ)を使っていることです。豚足をだしに使うことで、コラーゲンたっぷりでコクのある味付けになるといいます。

具材ではこのほか、ソーセージやスペアリブ、青葉などの葉野菜を入れることもあるようです。
(参考:紀文アカデミー 日本のおでんいろいろ沖縄ラボ「沖縄おでん!何が違うの?どう美味しい?~「東大」レポ~」

 

温暖なイメージがある沖縄ですが、おでんをメインに扱うお店や専門店があるほど、おでんは人気料理みたいです。

 

おでん専門店おふくろ

沖縄県那覇市久茂地1-8-7

 

おでん東大

沖縄県那覇市安里388-8

 

島おでんたから(宮古島)

沖縄県宮古島市平良西里172

 

 

 

 

この記事の情報は2021年9月時点のものです。