大阪コロナ追跡システムはいつから?名前や住所などの情報は把握されるの?【QRコード】

大阪府の吉村洋文知事は、新型コロナに関連する自粛解除後の第二波などに備えるため、「大阪コロナ追跡システム」を構築中であると発表しました。



大阪コロナ追跡システムが実装予定

新型コロナウィルスに関する活動自粛や休業要請を解除した後、再開したイベントや店舗・集客施設などにおいて感染者やクラスター(感染爆発)といった第二波・第三波が発生することが懸念されています。

大阪府の吉村知事はこうした事態に備えるため、QRコードを活用してイベント参加者や店舗などの利用者の連絡先を把握し、感染者発生時に迅速に連絡をおこなうことによって感染拡大を防ぐ「大阪コロナ追跡システム」を構築していると発表しました。

今後、経済活動を徐々に戻していく中で、できるだけ早い段階で新型コロナの陽性者をキャッチして、同じ施設の利用者が情報を共有することで、新たなクラスター発生を阻止していくことが大きな目的です。

 

「大阪コロナ追跡システム」の概要

  1. イベント主催者・店舗などが大阪府のHPからQRコードを取得し、印刷して会場・店舗の入り口などに掲示
  2. イベント参加者・店舗利用者は掲示されたQRコードを読み込む
  3. 「大阪コロナ追跡システム」にアクセスし、メールアドレスを登録
    (名前、住所、電話番号、行動履歴(GPS情報)などは取得しない)
  4. 会場・店舗などで感染者が発生した場合、登録されたメールアドレスに一斉に通知
  5. 健康状況などに応じて「新型コロナ受診相談センター」に連絡

QRコードを登録した店で陽性者やクラスターが発生した場合、登録した人に陽性者が発生したことを大阪府からメールで報告します。情報は大阪府で管理し、大阪府が把握するのはメールアドレスだけだそうです。

このシステムを活用することで、参加者の把握やクラスター発生防止につながるほか、保健所もリスクやクラスターを把握しやすくなり、業務の合理化を図れるということです。
.
イベント主催者や店舗経営者に対してQRコードの掲示を義務付けることは難しいので、あくまでお願いに留まる可能性が高いとのこと。

ITなので発行の手間がほとんどなく、QRコードをプリントアウトすればすぐに使えるのが特徴です。

大阪コロナ追跡システムの実装はいつからか

5月中にはQRコードを発行できるようにしていくとのこと。期間は、ワクチンが完成するなどで新型コロナがコントロール下に置かれたと判断されるまでになるだろうということです。

 

<追記>

5月27日に吉村知事はコロナ追跡システム実装に関する記者会見をおこないました。

大阪コロナ追跡システムはUSJでも運用される?通知メールが来たらどうすればいい?【QRコード】
5月上旬、大阪府は新型コロナ感染者との接触者をいち早く捉え、感染拡大を防止するための仕組みとして「大阪コロナ追跡システム」を構築中であると発表していました。27日に吉村洋文知事は記者会見を開き、システムの正式な開始日や詳細について公開しまし...

 

 

このほか「大阪コロナ追跡システム」に関する最新の情報は、大阪府HPなどで確認をお願いします。

>>大阪府 公式HP