【コロナ】大阪府が募集するルーターの台数は何台?募集開始はいつから?【オンライン授業・吉村知事】

大阪府は新型コロナの影響で長期休校が続く学校教育をサポートするため、府立学校においてオンライン授業を充実させることを検討しており、5月以内にモバイルルーター(通信機器)を募集するだろうと発表していました。

そして、吉村洋文知事は5月20日の記者会見で、ルーターの募集台数や募集期間について発表しました。



大阪府が募集するルーターの台数や受付期間など

大阪府の吉村知事は5月20日の記者会見において、府立高校などのオンライン授業で利用するために募集するモバイルルーター(通信機器)の募集台数や募集期間を発表しました。

私立学校ではオンライン授業が進んでおり、公立私立での教育格差が広がる恐れがあることや、新型コロナの第二波が来て、再び休校になり学習の機会が失われることを防ぐため、大阪府は6月末までに府立高校などでBYOD方式によるオンライン授業ができるようにしていく方向で調整しています。
(BYOD:個人で所有しているPC・タブレット・スマホなどの端末を業務・授業などに活用する仕組みのこと)

オンライン授業は、家庭でPC・タブレット・スマホやWi-Fiの通信環境が整っている場合は各自で用意してもらいますが、端末・通信環境が用意できない家庭もあります。
そのような家庭を支えるため、府として大量のモバイルルーターを準備する必要がありますが、新型コロナの影響によるオンライン授業やテレワークの増加により、通信機器は品薄状態です。そのため、オンライン授業用のモバイルルーターを事業者から公募するとしています。

募集台数や受付期間は以下の通りです。

概要 モバイルルーターの提供(合計5,000台程度)
正式な台数は確認中。公募までに確定予定
通信内容 1台あたり20ギガバイト/月 以上
利用開始日 6月上・中旬から
調達対象 モバイルルーター
通信費用(データ通信用SIMカード利用料)
主な募集要件 提供可能な台数
1台あたりの価格
提供可能時期
受付期間(予定) 2020年5月25日(月)~29日(金)
その他 「より安く」かつ「より早期に」提供してもらえる
事業者からの協力を要請

公募要件は詳細を確定後、5月25日までに発表していくということでした。

 

 

この記事は2020年5月20日の大阪府会見をまとめたものです。最新の情報は大阪府HPなどで確認をお願いします。