パラサイトに出てきたチャパグリの材料は?ネットで購入できる?【アカデミー賞受賞】

アカデミー賞作品賞など4冠を達成した『パラサイト 半地下の家族』。歴史的快挙を成し遂げた『パラサイト』ですが、この作品に出てくる「チャパグリ」という料理が話題になっています。

『パラサイト 半地下の家族』は韓国における経済格差を描いた映画。

作品内にて、裕福な家庭の女性が高級牛肉入りのチャパグリを作り、庶民との生活水準の違いを見せつけるというシーンがあるため、映画を観終わった後にチャパグリが印象に残っている人も多いようです。



パラサイトに出てきたチャパグリの材料と作り方

チャパグリの材料は牛肉のほか、チャパゲティノグリという、韓国で売られているインスタント袋麺。辛ラーメンで有名な農心という企業の商品です。チャパグリという名前はこのふたつの麺から取られているんですね。

チャパグリの作り方は『パラサイト』の公式ツイッターに動画が上がっているので、そちらを参考にしてみてください。

動画を要約すると以下の通り。

  1. お湯(500ml)に麺を入れて5分茹でる
  2. かやくを入れる
  3. サイコロ状にカットした牛肉を(別の鍋で)焼く
  4. 茹であがった麺に粉末スープを入れる
  5. 火を止めてよくかき混ぜる
  6. 麺に牛肉を入れて付属のオイルをかける
  7. 弱火で軽くなじませて完成

韓国版の焼きそばといったところでしょうか。ふたつの麺を混ぜ合わせるのがポイントのようです。

チャパグリの材料はネットで購入できる?

チャパグリの材料のチャパゲティやノグリはAmazonや楽天市場でネット販売されています。

 

チャパゲティ

 

ノグリ

 

チャパゲティ・ノグリのセット商品もあります。

チャパグリの材料は日本製のものでもおいしい?

韓国料理は混ぜ物が多いイメージですが、インスタント麺を二つ混ぜ合わせるという発想はありませんでした。

10分程度で作れてとっても簡単でボリュームもありますが、インスタント麺を二つ使うということで、カロリーや添加物が少し気になります。

日本のインスタント麺でもおいしくできるのかなども気になるので、今後、日本の有名なインスタント麺を混ぜ合わせたオリジナルチャパグリをSNSにアップする人も増えてくるかもしれません。