アプラノスのポムの値段や店の場所。リンゴを使った季節限定商品【マツコの知らない埼玉スイーツの世界】

2022年6月14日に放送される『マツコの知らない世界 街グルメSP』では、2016年に放送された『埼玉スイーツ(さいたますいーつ)の世界』の一部も放送されます。

放送では、さいたま市にある「パティスリー アプラノス」も再び紹介される予定です。パティスリー アプラノス インスタより)

『埼玉スイーツの世界』では、年間2400種類以上のスイーツを食べるという平岩理緒(ひらいわりお)さんが「パティスリー アプラノス」の「ポム」などのスイーツを紹介してくれました。

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。

パティスリー アプラノスのポムの値段

「パティスリー アプラノス」は2011年にオープンしたお店。オーナーパティシエはホテルでシェフパティシエをしていたこともある朝田晋平(あさだしんぺい)さん。

朝田さんはもともとは洋食のコックを目指していたそうですが、先輩シェフから「良いコックになるためにはデザート作りも必要だ」と指摘され、パティシエの勉強を始めたそうです。そして、家にある砂糖や小麦などで色々なお菓子ができることに感動を覚え、パティシエの道を進むきっかけになったといいます。

朝田さんは大阪生まれですが、20年以上さいたま市に住んでいるので、店を出すなら絶対に地元で、と決めていたそうです。

また、「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の日本代表として出場し、準優勝するなど数々の経歴を持っています。

「パティスリー アプラノス」は「食べログ」の「スイーツ百名店 EAST(2020)」に選ばれたこともあります。

(参考:さいたま市HP「PATISSERIE APLANOS オーナーシェフ朝田 晋平氏」

 

『マツコの知らない世界 埼玉スイーツの世界』でも紹介された「ポム」は、福島にある「佐藤りんご園」のリンゴを使用したスイーツです(ポム(pomme)はフランス語で「りんご」の意)。

参考価格は510円。季節限定商品であるため、”販売時期や期間については店舗にお問い合わせください”とのこと。

(参考:パティスリー アプラノス 最新の情報とは異なる場合があります)

 

放送では、「パティスリー アプラノス」の以下のスイーツも紹介されました。

  • 美園いちごのタルト16cm
    その日の朝に採れたイチゴで作った期間限定タルト
  • クレームブリュレ フレーズ
    注文を受けてからキャラメリゼしてくれる。イチゴソースをかけるとさらに美味

 

>>パティスリー アプラノス 公式サイト

 

アクセス:JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和」駅 徒歩10分

 

『マツコの知らない世界 埼玉スイーツの世界』ゲスト・平岩理緒さんの著書『厳選ショコラ手帖』(試し読みできます)

Amazonにある200万冊以上の本が読み放題で読めるサービス「kindle unlimited」対象。(2022年6月時点)

初回30日間無料でお試しできます。

>>kindle unlimited トップページ