サムスン縦折れスマホの日本での発売日や値段はいくら?【Galaxy Z Flip】

2020年2月、サムスンから新作の縦折れスマホ「Galaxy Z Flip (ギャラクシー Z フリップ)」が発売されます。その名の通り、半分にたためるのでかなりコンパクトに収納できるのが特徴。

日本での発売日や値段などを調べてみました。



サムスン縦折れスマホ「Galaxy Z Flip」について

2020年2月12日時点で分かることをまとめました。

サムスン縦折れスマホの日本での発売日は?

日本で「Galaxy Z Flip」はauで限定販売されることが決定しています。
(出典:au 公式サイト)

発売日は2020年2月下旬、予約受付は2月18日(火)9時よりau取扱店および、au Online Shopで開始とのこと。

>>au Online Shop はこちら

 

韓国とアメリカでは2月14日から発売されます。

サムスン縦折れスマホの値段は?

「Galaxy Z Flip」のアメリカでの販売価格は 1,380ドル

1ドル110円とすると 151,800円 になります。

サムスン縦折れスマホのサイズや基本スペック

「Galaxy Z Flip」のサイズや重さは英語版のサムスン公式サイトに掲載されていました。

.

最厚部
折りたたみ時 87.4 mm 73.6 mm 17.3 mm
展開時  167.3 mm 7.2 mm

展開時のスクリーンは6.7インチ

解像度は2636 x 1080 (フルハイビジョン+)

重さは183g

カラーは 黒・紫・ゴールド の3種類

指紋認証、顔認証あり

 

メインメモリ:8GB

ストレージ:256GB

バッテリー:3200mAh

OS:Android 10

メインカメラ:1200万画素 (超広角・広角の2眼仕様)

.
(出典:サムスン 公式サイト(英語))



UTGの採用でGalaxy Fold より改善?

サムスンの縦折れスマホ「Galaxy Z Flip」はスマホとガラケーの中間のような存在です。画期的なデザインですが、やはり気になるのは折り目部分。

  • 蝶つがいの耐久性
  • フリップ操作時、指に違和感はないのか
  • 使い込んでいくうち、スクリーンの折り目部分にシワが出てこないのか

など、折り目部分に関しては気になる点も多いです。

 

スクリーンの折り目部分には若干へこみがあることが、以下の写真から分かります。

 

ちなみに、2019年に発売された手帳のように折り畳みができる「Galaxy Fold (ギャラクシー フォールド)」は、テスト機で「画面の折りたたみ部分にシワができる」、「折りたたみの蝶つがいが破損する」などの不都合が発生。発売を延期し、様々な改良を行なったという経緯があります。

「Galaxy Z Flip」は UTG (Ultra Thin Glass:超薄型ガラス) を採用しており、「Galaxy Fold」の問題点を大きく改善している可能性も期待できます。

日本での発売日は未定ですが、購入を検討している人は先に発売される韓国やアメリカでの口コミを参考にすることができます。

気になる人は公式サイトで最新情報をチェックしてみてください。

 

>>ギャラクシー公式サイトはこちら