西武園ゆうえんちの料金はいくら?新アトラクションは何?【リニューアル・ゴジラ・ザ・ライド】

埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」が、2021年5月19日にグランドオープンすることが決定しました。新アトラクションとして、「ゴジラ・ザ・ライド」などが登場するそうです。

料金などを調べてみました。



西武園ゆうえんちの料金

改装中だった「西武園(せいぶえん)ゆうえんち」が、2021年5月19日にグランドオープンします。園内は1960年代をイメージした雰囲気となっています。

料金は以下の通りです。

 1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)

  • 大人(中学生以上):税込4,400 円
  • 子供(3 才~小学生):税込 3,300 円
  • 3才未満:無料

(2021年4月13日時点の情報)

このほか、お得なパック料金もあるとのこと。

(参考:西部鉄道 「心あたたまる幸福感に包まれる、新しい「西武園ゆうえんち」2021年5月19日(水) グランドオープン!」

西武園ゆうえんちの新アトラクションはゴジラ・ザ・ライドなど

「西武園ゆうえんち」では、「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」という新アトラクションが登場します。

ゲストは、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルの連続を楽しむという大型アトラクション。

映像を手掛けたのは、映画『ALWAYS』シリーズなどの山崎貴監督。ライドに登場する大怪獣たちは、「西武園ゆうえんち」のために山崎監督が書き下ろしたオリジナルで、昭和のゴジラをほうふつさせる佇まいでありながら、今見ても直感的にかっこいいと思える造形にこだわったといいます。

 

ライド・アトラクション ストーリー概要

商店街から見える小高い丘に建ち、街の人々から愛される映画館には、多くの人々の笑顔で溢れていた。いつもと変わらない平穏な日常の中、東京に突如現れたのは、謎の巨大生物・キングギドラ。キングギドラは、町の建物をなぎ倒しながら埼玉方面へと移動を進める。館内の緊急放送では、キングギドラ以外にも、さらなる謎の巨大生物が接近していることを知らされる。
ゲストは、特殊災害対策部隊『特災対』の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、無事逃げ切ることが出来るのか?

(出典:西部鉄道 「心あたたまる幸福感に包まれる、新しい「西武園ゆうえんち」2021年5月19日(水) グランドオープン!」

 

このほか、新登場のファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」では、手塚治虫の「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」をはじめとしたキャラクターが登場するそうです。

また、メリーゴーラウンド、大観覧車、回転空中ブランコなど、おなじみのアトラクションも設置されているということです。

園内では「百園(ひゃくせいぶえん)」と「拾園(じゅうせいぶえん)」という2種類の独自通貨を導入しており、1960年代当時の物価そのままに買い物を楽しめます。

(参考:西部鉄道 「心あたたまる幸福感に包まれる、新しい「西武園ゆうえんち」2021年5月19日(水) グランドオープン!」

 

上記は2021年4月13日の情報です。最新の情報は「西武園ゆうえんち」公式サイトなどで確認をお願いします。

 

>>西武園ゆうえんち公式サイト