静岡おでんの定番は黒はんぺん?主な具材や特徴など【ご当地おでん】

おでんは日本全国で食べられている代表的な郷土料理で、地域によって具材や出汁が異なります。

おでんの定番の具材として、はんぺんがありますが、静岡おでんでは白ではなく黒はんぺんが定番だそうで、地元の人に愛されているそうです。

 

(ちなみに、情報バラエティ番組「マツコの知らない世界」(TBS系列)では、ご当地おでんが特集されたこともあるので、番組HPやインスタで確認してみるのもおすすめです(2021年9月28日放送))

静岡おでんの定番は黒はんぺん?

静岡おでんの主な具材は、黒はんぺん・なると巻・牛すじ・豚もつなどで、串にさしてあるのが基本。黒い汁で煮込んであり、青のりやだし粉をかけて食べるのが静岡流だそうです。
(参考:紀文アカデミー 日本のおでんいろいろ

 

黒はんぺんは静岡県の名物。白はんぺんがスケトウダラなどの白身魚を使っているのに対し、黒はんぺんでは静岡で獲れやすいサバやイワシなどの赤身魚を使っています。

原材料のほか、製法も異なるため、黒はんぺんが出来上がるのだといいます。

白はんぺんがふわふわとしているのに対し、黒はんぺんは、かまぼこやさつま揚げに近い引き締まったものになっているそうです。
(参考:マイナビニュース「静岡名物「黒はんぺん」はなぜ黒い? 白はんぺんとの違いも調べてみた」

 

黒はんぺんは静岡県ではおでん種としての人気が高いほか、フライにするなど、身近な食材のひとつとして、地元の人に愛されているそうです。
(参考:静岡おでんの会

 

 

 

この記事の情報は2021年9月時点のものです。