ソニー(SONY)のエアピーク(Airpeak)はいつスタート?主な事業内容は?【ドローン】

2020年11月9日、ソニー(SONY)はAIロボティクス領域におけるドローンのプロジェクトを開始したことを発表し、新たなブランド「エアピーク(Airpeak)」を立ち上げました。

エアピークの事業内容などを調べてみました。



ソニー(SONY)が新ブランド「エアピーク(Airpeak)」立ち上げ。ドローン事業へ参入

ソニー(SONY)はAIロボティクス領域におけるドローンのプロジェクトを開始したことを発表し、新たなブランド「エアピーク(Airpeak)」を立ち上げました。「peak」には、山頂や最高点といった意味があります。事業開始は2021年春を予定しています。

イメージング&センシング技術のほか、リアリティ・リアルタイム・リモートの「3Rテクノロジー」を活用し、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献する、としています。

このほかにも、以下のような事業内容(計画)を挙げています。

  • 映像クリエイターの創造力を余すことなく支援し、エンタテインメントのさらなる発展、各種産業においても一層の効率化や省力化に寄与することを目指す
  • これまでドローンの活用が困難だった環境においても最高水準の安全性、信頼性により安心して利用できるよう、プロジェクトを推進していく
  • これまで築き上げてきたテクノロジーを結集し、かつてない自由な視点で、空という領域を限りない創造空間に変える

 

今後、事業開始に向けて、エアピークを体験する機会を通じてドローンユーザーからフィードバックを得たり、エアピークの活動に参画できるプロフェッショナルサポーターの募集を開始する予定だということです。

<参考>
SONY Airpeak 公式サイト
SONY ニュースリリース

 

映像技術のほか、ゲーム機(PS4)やロボットペット(AIBO)など様々な実績を持つソニーがどのようなドローン事業を展開していくのか注目です。

Airpeak | Sony Launches Drone Project