映画『見知らぬ乗客』 狂人に付きまとわれる恐怖

映画

(一部ネタバレを含みます)

 

ヒッチコックと言えば、サスペンス映画。私はヒッチコック作品は『鳥』『サイコ』くらいしか知らなかったのですが、タイトルからしてサスペンス要素が強そうだったので、『見知らぬ乗客』を視聴してみました。
観ていてとにかく目につくのが、列車で出会った”見知らぬ乗客”であるブルーノの異常性です。ヒッチコック特有の演出と合わさり、非常に不気味な存在として映っています。

このワードにピンときたらおすすめ
狂人 交換殺人 証拠品

 

見知らぬ乗客 トレーラー

 

U-NEXT




映画『見知らぬ乗客』

作品情報

クリックで開閉
作品名
(原題)
見知らぬ乗客
Strangers on a Train
製作年 1951年
製作国 アメリカ
上映時間 101分
監督 アルフレッド・ヒッチコック
主演 ファーリー・グレンジャー
ロバート・ウォーカー

サクッとあらすじ
・テニス選手のガイは妻ミリアムと離婚し、意中の女性アンと結婚したいという思いがあった
・列車の中でブルーノという男に「ブルーノがミリアムを殺す代わりにガイがブルーノの父親を殺す」という交換殺人を持ちかけられる
・ガイはこの提案を無視するが、ブルーノはミリアムを殺してしまう
・なかなか殺人を実行しないガイに対し、ブルーノの行動はエスカレート
・アンもしつこく現れるブルーノを不審に思うようになる
・ブルーノは業を煮やし、ついに最終手段に出る。ブルーノを止めるため、ガイは彼のもとへ向かう

初対面の相手に殺人を提案

テニス選手のガイ・ヘインズミリアムという女性とすでに結婚していますが、離婚して上院議員の娘であるアンと結婚したいを考えていました。そして、離婚の話をつけるため、列車に乗り、ミリアムのいる故郷へと向かいます。

そんな中、列車の中でブルーノという男に声をかけられます。テニス選手のガイにとっては、声をかけられることは日常茶飯事なのかもしれません。ブルーノはガイのことをかなり詳しく調べており、なぜかガイが離婚したがっている事実まで知っています。

ガイを自分の客室に招待したブルーノは、そこで交換殺人を持ちかけてきます。すなわち、自分がガイの妻ミリアムを殺す代わりに、ガイに自分の父親を殺してほしいと言ってきたわけです。そうすれば、お互い動機のない殺人なので、足がつきにくいという考えでした。

ガイは冗談だと思い、適当に話を流して客室を後にしますが、このときアンからもらった特注のライターを客室に置き忘れたことで、後々窮地に立たされることになります。

冗談だと思っていたガイとは対照的に、ブルーノはまったくの本気でした。彼はさっそく、ミリアムの尾行を開始します。

ミリアムは浮気癖があり、その晩も男に囲まれて遊園地デートを楽しんでいました。ブルーノはミリアムに気づかれないように尾行するどころか、彼女に自身の存在を大々的にアピール。ミリアムも尾行されていることに気づきますが、男友達と一緒の中、まさかこのあと殺されることになるとは思いもしなかったのでしょう。ブルーノが尾行しながら時折見せる子どものような笑みは、彼の異常性を表現しています。

ポップコーン片手にひとりボートに乗り、ニヤニヤしながら着いてくるブルーノの姿はもはやホラー映画の域です。洞窟の中でブルーノの影がミリアムの影にスーッと覆いかぶさる演出も見事。

そしてついに、ミリアムはひとりになった一瞬の隙に首を絞められて殺されてしまいます。ブルーノはミリアムの眼鏡と、首を絞める時に落とした「ガイの特注ライター」を拾い、慌てることなく堂々と現場を後にします。この殺人は、彼の狂気の始まりにすぎませんでした。

ブルーノはさっそくガイに成果を報告します。ガイは離婚の約束を反故(ほご)にしたミリアムに憤りを感じ、アンに対して「彼女を殺してやりたい」と嘆いていましたが、ミリアムの眼鏡を見て本当に殺されたことを知り、動揺を隠せません。警察に連絡しようとしますが、「交換殺人だから君も共犯者にされる」というブルーノの言葉で躊躇してしまいます。

しかし、アンとの結婚を前提としたガイにとって妻ミリアムが邪魔だったことは確かでした。複雑な心境の中、ガイはアンの元へ足を運びます。そこでガイの父親であるモートン上院議員から、改めてミリアムの死を知らされます。悲しむわけでも驚くわけでもない、あいまいな反応をするガイ。アンの妹バーバラは「これでアンとガイが結ばれる」と素直に喜びます。

アンはガイの関与を疑ってしまいますが、ガイには犯行時刻の頃は列車に乗っていて、しかも隣にいた大学の教授と話していたという決定的なアリバイがありました。これを聞いてホッとするアン。しかし、警察がその教授からいざ話を聞いてみると、「泥酔していたため憶えていない」の一点張り。

ブルーノ以上にこの教授に腹が立ったのは私だけでしょうか。ガイもまさに「見知らぬ乗客」になってしまったわけですね。

殺人後に急げばその列車に乗れたということもあり、ガイのアリバイはもろくも崩れ去りました。そして、ガイには警察の見張りまでつけられてしまいます。

エスカレートする狂気

殺人を達成したブルーノは、今度はガイに父親の殺人をするよう促します。ブルーノはガイとアンが一緒にいるところにまで姿を現すようになります。ガイはただのファンだとアンに説明し、適当にごまかします。そんなブルーノは家の見取り図や玄関のカギを送ってくるなど、行動は日に日にエスカレート。ついにはガイの出場するテニスの試合会場にまで足を運んできます。

観客がボールを追って首を左右に振る中、ひとり微動だにせず、ガイをじっと見つめるブルーノの演出は、彼の狂気をもっとも強く表現したシーンのひとつと言えます。

ブルーノはついに拳銃までガイのもとに送りつけてきます。ガイは無言の圧力を感じざるを得ません。

ブルーノはガイやアンが出席するパーティーにまで現れ、そこでも狂人っぷりを発揮。ブルーノとガイにはなんらかのつき合いがあると確信したアンはガイを問い詰め、観念したガイはすべてを打ち明けます。

一方、殺人を犯す気がないガイに対し、ブルーノは最終手段に出ます。そんな彼を止めるため、ガイとブルーノの最後の戦いが始まります。

最後に

最後の一騎討ちも、まさかあんなところで戦うとは思っていなかったので、なかなか新鮮でした。
ブルーノは最後まで何をしでかすかわからない雰囲気を醸し出していて、ヒヤヒヤさせられました。こんなやつに付きまとわれたらたまったもんじゃないという印象。そんな狂人ブルーノを見事に演じ切ったロバート・ウォーカーは本作が遺作のようです。壮年になった彼の演技も観たいと思っていただけに、非常に残念です。

ヒッチコックが「サスペンス映画の神様」と呼ばれる所以がわかる作品のひとつだと思います。

 

見知らぬ乗客』は動画配信サービス U-NEXTで視聴できます(2018年10月時点)。

U-NEXTで視聴できる作品には、会員であれば何度でも視聴できる見放題作品と、月額料金とは別に課金が必要なレンタル作品があります。『見知らぬ乗客』は見放題作品です。

U-NEXT
無料トライアルで 600円相当のポイントがもらえる!

.

U-NEXT.
見放題作品は 映画・ドラマ・アニメ など 9万本以上
☑ 1つの契約で4アカウントまで作れて家族でお得!
☑ 登録は5分で簡単

.

 

 

本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の情報はU-NEXTサイトにてご確認ください。