サマーウォーズの聖地はマツコの知らない世界でも紹介。なぜ長野県上田が舞台に?【聖地巡礼の世界】

2022年8月2日に『マツコの知らない世界 アニメ聖地巡礼(あにめせいちじゅんれい)の世界』が放送されます。ゲストは鯛さん、刑部慶太郎さん、軟軟冰(ビンビン)さんの3人。

TBS番組表によると、『サマーウォーズ』の聖地、長野県上田市(うえだし)も紹介されるようです。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



サマーウォーズの聖地はマツコの知らない世界でも紹介。なぜ長野県上田が舞台に?

『サマーウォーズ』は2009年に公開された細田守(ほそだまもる)監督のアニメ作品。

「時をかける少女」の細田守監督が、同作に続いて脚本・奥寺佐渡子、キャラクターデザイン・貞本義行とともに描くオリジナル長編アニメーション。数学が得意だが気弱な高校2年生の健二は、憧れの先輩・夏希に頼まれ、夏休みの間、彼女の実家で夏希のフィアンセとして過ごすことに。そんな時、健二はネット上の仮想空間OZで起きた事件に巻き込まれ、その影響が現実世界にも波及。夏希の一家ともども、世界の危機に立ち向かう。2009年の劇場公開から10周年を記念したプロジェクトの一環として、20年1月に体感型上映システム「4DX」に対応した4DX版が公開。

(出典:映画.com

 

作品の舞台となっているのが、長野県の上田市。東京から新幹線で1時間30分ほどのところにあります。

上田城跡公園の東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)は主人公が訪れる陣内家の門のモデルになっているほか、上田市役所や上田電鉄(別所線)の「まるまどどりーむ号」などが作中に登場しています。
(参考:サマーウォーズの里・信州上田

 

細田監督が『サマーウォーズ』の舞台を長野県上田市にした理由のひとつは、奥さんが長野県上田市の出身だったから。

また、この土地は真田幸村の父である真田昌幸が徳川軍と戦い、上田合戦で勝利を収めた土地としても知られています。

細田監督は「このことを土地の人はみんな誇りに思っているんです。そうした土地の人たちの心意気というものがこの映画のストーリーにとても向いている」と考え、映画の舞台にしたそうです。
(参考:シネマトゥデイ「『サマーウォーズ』の細田守監督、映画の舞台が長野県なのは奥さんの故郷だから」