入江陵介の勝負曲はケツメイシの仲間?【東京オリンピック・競泳】

東京オリンピック・男子200m背泳ぎなどに出場した、競泳の入江陵介(いりえりょうすけ)選手。

試合前にはケツメイシの『仲間』などをよく聞くそうです。

(ちなみに、2021年9月14日放送の情報バラエティ「マツコの知らない世界」(TBS系列)は「アスリートの勝ち歌の世界」です。金メダリストの野口みずきさんが様々な勝負曲を語ってくれます)

入江陵介選手の勝負曲はケツメイシの仲間?

2012年のロンドンオリンピックでは、200m背泳ぎで銀メダルなどを獲得した入江陵介選手。東京オリンピックでは、惜しくもメダルを逃しました。

そんな入江選手は、試合前にはJ-POP、K-POP、洋楽ポップスをよく聴くそうで、中でもお気に入りはケツメイシの『仲間』だそうです。
(参考:東京2020オリンピック 日本代表選手団 選手名鑑 入江陵介

 

『仲間』は、2010年にリリースされた18枚目のシングル。2年4か月ぶりとなるニュー・シングルでした。

辛い時でも独りではないことや仲間の大切さを歌っています。

当時放送されていたテレビ朝日系ドラマ『ハガネの女』(主演:吉瀬美智子)の主題歌にもなっています。

ケツメイシ公式YoutubeチャンネルのMVは、1000万再生以上を記録しています。

 

ちなみに、ケツメイシの『仲間』などの楽曲はAmazon Music Unlimitedでも配信されていました。(2021年9月時点)

Amazon Music Unlimitedは、7,500万曲が聞き放題のサービスです。
(PCからの場合、右上の「ウェブプレイヤーを開く」から配信楽曲を検索できます)

 

 

 

この記事の情報は2021年9月時点のものです。