東京都新型コロナ見守りサービスと大阪コロナ追跡システムの違い。いつから開始で対象施設はどこ?

東京都の小池知事は6月5日に記者会見を開き、新型コロナウィルスのクラスター(感染爆発)発生を防ぐためのシステムとして『東京都新型コロナ見守りサービス』の運用を開始すると発表しました。

都立施設に掲示されているQRコードを読み込み登録しておくことで、万が一その施設でクラスターが発生した際、施設の訪問履歴に基づき、利用者に感染情報が通知されるというものです。

大阪では、似たようなシステムである『大阪コロナ追跡システム』をすでに運営しています。『東京都新型コロナ見守りサービス』については細かい情報はまだ公表されていませんが、現在分かっている東京と大坂のシステムの違いをまとめてみました。



東京都新型コロナ見守りサービスとは

『東京都新型コロナ見守りサービス』とは、施設でコロナのクラスターが発生した際に、施設利用者に感染情報をメールなどで通知するシステムです。

市中感染リスクを低減し、早期の相談に繋げていくことが主な目的だといいます。マスクの着用やソーシャルディスタンスといった『新しい日常』の定着や第二波に備える上でも運用していきたいということです。

『東京都新型コロナ見守りサービス』の基本的な利用の流れは以下の通りです。

『東京都新型コロナ見守りサービス』利用の流れ

  1. 都立施設訪問時、入口にあるQRコードを読み取り(『都立施設入館システム』または『LINEパーソナルサポート』のいずれか。前者の場合はアプリダウンロード不要)
  2. 『都立施設入館システム』はメール送信、『LINEパーソナルサポート』は友達登録により登録を完了
  3. クラスターが発生した際、感染情報をメールまたはLINEで通知
  4. 気になることがある場合は、新型コロナセンターなどへ連絡

クラスターが発生した場合 訪問履歴に基づき、正しい感染状況を通知するとしています。

東京都新型コロナ見守りサービスの開始はいつから?対象施設はどこ?

『東京都新型コロナ見守りサービス』は 6月12日(金) から運用が開始されます。

まずは東京都の施設から運用を開始し、順次拡大していくとしています。

運用開始時の対象施設

  • 都の文化施設
  • スポーツ施設
  • 庭園・動物園
  • 図書館

など

大坂コロナ追跡システムとの違い

大阪府では6月1日より『大阪コロナ追跡システム』をすでに実施しています。

『大阪コロナ追跡システム』の基本的な部分は『東京都新型コロナ見守りサービス』と変わりません。

『大阪コロナ追跡システム』利用の流れ

  1. 利用した施設に掲示されているQRコードを読み取る
  2. 表示された登録フォームにメールアドレスを入力・送信
  3. 登録完了メールが自動返信されるので、確認

登録した施設で新型コロナ感染者の発生が確認された場合、メールが送信されます。

登録時に必要な情報はメールアドレスだけで、氏名・住所・電話番号などは収集しません。メールアドレスは大阪府が適切に管理し(民間委託はなし)、登録から2か月後にデータはシステムから消去されます。

『東京都新型コロナ見守りサービス』で情報する情報はメールアドレスだけなのかどうかは、会見時に説明はありませんでした。

 

『東京都新型コロナ見守りサービス』ではクラスター発生時にメール(またはLINEメッセージ)が送信されるのに対し、『大阪コロナ追跡システム』では状況に応じて送られてくるメールが異なります。

『大阪コロナ追跡システム』で送られるメールは2種類

  • 施設利用者の感染が判明したとき(条件あり)
    注意喚起メール
  • クラスターが発生した施設・イベントが判明したとき
    クラスター発生時のメール

『注意喚起メール』は、利用した施設でコロナ感染者がいたことが判明したが、クラスターといえるレベルではない場合に送信されるメールです。体調管理や感染拡大防止のための注意喚起を促します。
不安な場合は、記載されたURLからFAQ(よくある質問)を確認したり、最終的にはコールセンターも利用できるといいます(ただし、感染者が特定されるおそれがあるため、施設名や日時についての問い合わせには答えられないとのことです)。

あくまで注意喚起なので、勤務先などに連絡する必要はなく、自分なりに対処していけばよいとしています。

その施設で感染者が一人でも発生したら必ず送信されるというものではなく、同じ日、同じ施設に基準人数を上回る感染者が行ったことが確認されたときに送信されます。
施設をリスクに応じてレベルA・B・Cに分け、感染者が立ち寄った施設・イベントの種別・規模に応じて、同日に当該施設でメールアドレスを登録した人に、一斉に注意喚起メールが送信されるということです。

『クラスター発生時のメール』は、利用した店舗でクラスターが発生したと判断された場合に送信されます(保健所が調査し、その施設でコロナのクラスターが発生したと判明した施設を利用していた場合に送信)。
クラスターが発生したと思われる日付・時間帯・店舗名などが通知されます。

 

『東京都新型コロナ見守りサービス』では、”通知メール(またはLINEメッセージ)が来た際に気になることがあれば、新型コロナセンターなどへ連絡できる”ということですが、『大阪コロナ追跡システム』で『クラスター発生時のメール』が来た場合、症状の有無にかかわらず、近くの『新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)』に相談する必要があります。

 

 

この記事は2020年6月5日の東京都会見をまとめたものです。最新の情報は東京都HPなどで確認をお願いします。