2021年東京モーターショーの中止決定。2019年の来場者数は?【コロナ】

2021年4月22日、日本自動車工業会は2021年の「東京モーターショー」の開催を中止すると発表しました。

隔年で開催されている「東京モーターショー」。2019年の来場者数などを調べてみました。



2021年の東京モーターショーは中止に。前回の来場者数は?

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、2021年秋に開催予定だった「東京モーターショー」の中止が決定しました。中止となるのは初めてのことです。

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、オンライン記者会見で「オンラインも使った、より魅力ある企画を検討してきたが、多くのお客様に安全・安心な環境でモビリティーの魅力を体験いただけるメインプログラムの提供が難しいと判断し、開催中止を決定した」と発言しました。

前回(2019年10月)は東京ビッグサイトなどで開催し、世界8か国から187の企業・団体が参加し、130万人超が来場しています。

(参考:毎日新聞「東京モーターショー、21年開催中止 「安全・安心な環境、困難」」

 

「東京モーターショー2019」では、マツダ初の量産EVなどが公開されました。

(参考:マツダ ニュースリリース「マツダ、東京モーターショーにて初の量産EVを世界初公開」

 

 

 

この記事の情報は2021年4月時点のものです。