東京都出産応援事業でミルクやおむつは利用できる?対象家庭は?【コロナ】

東京都は2021年4月より、コロナ禍において子供を産み育てる家庭を応援・後押しするために、育児用品や子育て支援サービスなどを提供する「東京都出産応援事業 ~コロナに負けない!~」を開始しました。



東京都出産応援事業でミルクやおむつは提供?

東京都はコロナ禍での子育てを支援するため、「東京都出産応援事業」を開始しました。

専用ウェブサイトから申し込みを行った対象者に対し、希望する育児用品やサービス(新生児1人当たり10万円相当)などを提供するというものです。

対象家庭は以下のいずれかに該当する家庭。

  • 令和3年1月1日から令和3年3月31日までの間に出産し、出生日及び令和3年4月1日に都内に住民票がある世帯
  • 令和3年4月1日から令和5年3月31日までの間に出産し、出生日に都内に住民票がある世帯

(参考:東京都出産応援事リーフレット

 

食料品や育児用品といった商品のほか、家事や育児サービスにも利用できるのが特徴です。提供される商品やサービスの例として以下のようなものがあります。

  • 食料品:離乳食、ミルク(粉・キューブ・液体)、離乳食用野菜
  • 育児用品:抱っこひも、ベビーカー、チャイルドシート
  • 日用品:おむつ、おしりふき、衣類
  • サービス:ベビーシッター、家事代行サービス
    など

(参考:東京都出産応援事リーフレットおよび2021年4月2日東京都定例記者会見より)

 

おおまかな流れは以下のようになります。

  1. 出生時に住んでいる区市町村を通じて、対象家庭へ専用ID・パスワードを記載したカードが配付される
  2. カードに記載されている二次元コードから専用のWEBサイトへアクセス(初回登録が必要)
  3. 希望の育児用品や子育て支援サービスなどを選択(10万円相当)、申し込み。期限内であれば、複数回に分けての申し込みも可能

(参考:東京都出産応援事リーフレット

 

専用ID・パスワードを記載したカードは、2021年4月中旬以降、住んでいる区市町村から順次配布されるとのことです。(4月2日東京都定例記者会見より)

 

上記は2021年4月2日時点の情報ですので、最新の情報や詳細は東京都HPなどで確認をお願いします。

>>東京都HP:東京都出産応援事業 ~コロナに負けない!~

 

>>Youtube:小池都知事定例記者会見(令和3年4月2日)