東京ウォーカーが休刊。発行部数はどれくらい?バックナンバーは読める?【KADOKAWA】

2020年5月11日、KADOKAWAは『東京ウォーカー』『横浜ウォーカー』『九州ウォーカー』を6月20日発売号をもって休刊すると発表しました。



東京ウォーカーの休刊が決定

『東京ウォーカー』は、KADOKAWAが出版している都市情報雑誌。

ルーツは90年に角川書店が創刊した『週刊トウキョー・ウォーカー・ジパング』で、姉妹誌として97年に『九州ウォーカー』、98年に『横浜ウォーカー』などが誕生しました。
(参考:J-CASTニュース)

 

『東京ウォーカー』『横浜ウォーカー』『九州ウォーカー』は、6月20日の発売号を持って休刊となることが決定しました。

休刊の理由は、「ウェブやSNSを使用した情報収集が主流となる中、生活者の行動様式の変化に伴い、メディアのデジタルシフトによる情報発信力の強化を図ることを考慮した」ためとのこと。今後はWEBサイトの「ウォーカープラス」にて情報発信を続けていくそうです。
(参考:ウォーカープラス)

.

一部バックナンバーは Amazonの Kindle Unlimited(読み放題サービス)で読むことができます。

月刊 東京ウォーカー 2020年5月号 [雑誌]

東京ウォーカーの発行部数はどれくらいだった?

『東京ウォーカー』の発行部数は減少傾向にあったようです。

日本ABC協会の調べによれば、13年から18年(各1~6月)にかけての発行部数は、東京ウォーカーが2万6387部から1万1267部(57.3%減)、横浜ウォーカーは4万8564部から2万4656部(49.2%減)、九州ウォーカーは3万760部から1万9173部(37.7%減)にそれぞれ減少している。この間、東京ウォーカーは隔週刊→月刊、横浜ウォーカーと九州ウォーカー(一時は福岡ウォーカー)は月刊→隔月刊に変わっている。
(出典:J-CASTニュース)

 

 

姉妹誌の『東海ウォーカー』『関西ウォーカー』は刊行を続けていくということです。(6月発売号はコロナの影響で刊行見送り)