上野動物園のニシゴリラ・ピーコは国内最高齢。平均寿命は何歳?【場所やアクセス】

パンダで有名な上野動物園(うえのどうぶつえん)ですが、国内最高齢の動物も飼育しています。

なかでも、メスのニシゴリラ・ピーコは国内最高齢の個体として有名です。

 



上野動物園のニシゴリラ・ピーコは国内最高齢。年齢は何歳?

上野動物園にいるメスのニシゴリラ「ピーコ」は野生生まれであるため、生年月日はわかっていませんが、1970年生まれと推定されています。

2021年には51歳を迎え、国内最高齢のニシゴリラの記録を更新中。ただし、体調がすぐれないため、2019年の夏から室内で過ごしています。
(参考:東京ズーネット「ニシゴリラ「ピーコ」の近況」

その後、肺炎や足腰の痛みに悩まされましたが、現在は回復しているようで、室内で穏やかな日々を送っているのだといいます。(2020年時点の情報)
(参考:東京ズーネット「ニシゴリラ「ピーコ」の近況[続編]」)

かつては、宮城県仙台市の八木山動物公園にいたニシゴリラ「ドン」が国内最高齢でしたが、2019年5月に他界したことにより、「ピーコ」が国内最高齢のニシゴリラとなりました。
(参考:日本経済新聞「国内最高齢ゴリラ死ぬ 仙台の動物園、推定50歳」

 

参考として、野生ゴリラの平均寿命は30年、飼育下でも40年程度だそうです。
(参考:日本経済新聞「国内最高齢53歳のゴリラ死ぬ 名古屋・東山動植物園」

 

 

上野動物園の場所・アクセス

上野動物園

東京都台東区上野公園9-83

 

電車でのアクセス

  • 表門
    JR 上野駅「公園口」 徒歩5分
  • 弁天門
    JR 上野駅「不忍口」 徒歩5分
  • 池之端門
    東京メトロ千代田線 根津駅 徒歩5分

など(参考:上野動物園 公式サイト 交通アクセス

 

 

ちなみに、2021年4月27日放送の「マツコの知らない世界」(TBS)では、動物園をテーマに取り上げ、ご長寿動物などを紹介してくれるそうです。

 

 

 

この記事の情報は2021年4月時点のものです。