ユン・ヨジョンの年齢や出身、出演作品は?【アカデミー賞助演女優賞・韓国人初・ミナリ】

2021年4月25日(日本時間26日)、アメリカ・西部ロサンゼルスなどで第93回アカデミー賞の授賞式が開かれました。

『ミナリ』のユン・ヨジョンさんが助演女優賞を受賞し、韓国人俳優で初めてのアカデミー賞受賞となる快挙を成し遂げました。



ユン・ヨジョンさんの年齢・出身・出演作など

ユン・ヨジョンさんは1947年6月生まれ(2021年で74歳)。京畿道開城府(現・北朝鮮開城市)出身。

(参考:シネマトゥデイ「韓国人初の快挙!『ミナリ』ユン・ヨジョンが助演女優賞」

1966年に民放テレビ局TBCのタレントとして活動を開始し、『火女』(1971)で映画デビュー。同年の朝鮮王朝の三代悪女のひとりを描いたドラマ『張禧嬪(チャン・ヒビン)』では、主演を務めました。

翌年の1972年に、歌手チョ・ヨンナムさんとの結婚・渡米を機に引退するも、1985年の離婚後に復帰。

『浮気な家族』(2003)など、韓国の映画やドラマに多数出演。カンヌ国際映画祭に出品された『ハウスメイド』(2010)では、国際的な注目を集めました。

(参考:映画.com「【第93回アカデミー賞】「ミナリ」ユン・ヨジョンが助演女優賞 韓国人俳優初の快挙」RealSound:「第93回アカデミー賞、助演女優賞は『ミナリ』ユン・ヨジョン」

 

2021年の第93回アカデミー賞において、助演女優賞を受賞。韓国人俳優で初めてのアカデミー賞受賞となりました。アカデミー賞助演女優賞を受賞するアジア人としては、映画『サヨナラ』のナンシー梅木さん以来、63年ぶり2人目だそうです。

(参考:シネマトゥデイ「韓国人初の快挙!『ミナリ』ユン・ヨジョンが助演女優賞」

 

第93回アカデミー賞 助演女優賞ノミネート作品

  • [受賞]ユン・ヨジョン『ミナリ』
  • マリア・バカローヴァ『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
  • グレン・クローズ『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』
  • アマンダ・セイフライド『Mank/マンク』
  • オリヴィア・コールマン『ファーザー』

 

『ミナリ』は、1980年代を舞台に、成功を夢見てアメリカ南部に引っ越してきた韓国系移民一家を描いた人間ドラマ。農業でひとやま当てたい父に振り回される一家に、さまざまな困難が降りかかるさまを希望と共に描いています。

(参考:シネマトゥデイ「韓国人初の快挙!『ミナリ』ユン・ヨジョンが助演女優賞」

 

2020年には、韓国映画『パラサイト』が英語作品以外で初の作品賞など4部門を受賞するなど、近年、韓国作品が世界でも注目されています。

 



 

韓国映画・ドラマを見るなら動画配信サービスのU-NEXTがおすすめです。独占配信している作品も多数。

初回登録なら31日間無料。無料期間中に解約すれば料金は発生しません。600円相当のポイントがもらえるので、レンタル(課金)作品も視聴できます。

最新の配信状況はU-NEXT公式サイトで確認をお願いします(会員でなくても配信作品をチェックできます)。

 

 

U-NEXT